from mfdent

 

mfdentさんから、画像が届きました!
2005年式A4(B7)2.0TQ

写真をクリックすると、別ウインドウで大きく表示いたします

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

2007年4月

本革シート装着

冬に気になっていた、布シートに衣類の繊維がこびりつくこと。
なんとかするには、
カバーをかけるのが一番手軽と思いましたが、
気に入ったものは、適合しないといわれ断念。
どうせなら、シート交換のほうがメンテナンスも楽だし。
というわけで、本革シートを探しました。

レカロのシートなら、どこでも売ってるし、
シートレールも手にはいるし簡単なんですが、
問題は後部座席、
うしろのシートを換えるためには、
AUDI純正しか選択肢はないかな?

S4のシートは、A4につかないかもしれないと、断られました。
う〜ん、残念。


A4のレザーシート(ブラック)
うちのクルマじゃありません。

Audi純正の本革シートとなると、
A4(B7)で、SEパッケージなどで使われているのを、探さなくちゃ行けません。
カタログでは、ブラックとベージュがあるようで、
いま装着している布シートが、ブラックを基調としていますので、
ブラックの革シートなら、見た目は変わらなくていいかも?
でも、白っぽいシートのほうが、おしゃれでいいんですよね。
私はA6は黒の革、S6が白の革、S8で黒の革と乗り継ぎましたが、
白の革だと、室内が明るくていい感じでしたので、
A4もベージュにしようかと思い、見積もり発注!
が〜ん、車両ごと買い換えたほうがいいようなお値段。
覚悟してましたけど、ちょっとどころじゃないお高さ。
ルートを探れば、もっとお安くなるかもしれませんが、
どっちにしてもたいしたシートでもない純正品ですから、すぐに方針転換。

 

というわけで、中古を探しました。
中古ってことは、人が乗ったものです。
それをいやがる人も多いと思いますが、
まあ、死人が出たシートじゃなきゃ、まあいいかな?と私は思いますので
いろいろとあたりました。で、見つかったのが
ベージュの純正品、6000キロ車両からの取り外し、
車両はフロントダメージによる廃車。
ですが、ガラスはすべて無事、乗客も無傷とのこと。
(ホントかなぁ、でもガラスが割れてないんだから、だいじょうぶでしょう)
問題は、これすごい大問題なんですが、
アバントだという点。
うちのは、セダンです。

後ろのシート、きっと違うでしょう、だめかな〜と思いつつ、
全然他にタマが出てきませんでしたので、結局買いました。
最悪の場合、皮だけはがして、着せ替えればいいと考えました。

 

ところで、うちのA4は電動シートじゃありません
ですが、純正の革シートは電動です。
もし、配線がシート下になかったら???
という危惧もありましたが、動かすだけの電気ならどこかから引っ張ればいいやと、強引に考えました。
たとえ電動シートじゃなくても、
シートベルトのアラームなどはうちのA4にもついてますので、
たぶん配線もあるんじゃないかと推測です。
ですが、シートヒーターの配線はSWが付いてないんですから、たぶんないことは覚悟の上、
だいたいが、シートヒーター、ぜんぜん使わないから、なくても心配ありません。
確認のため まずは、シートを外します。
シートは、レールごと車体と固定してありますが、
レールの4隅にボルトがありますので、クルクルまわせば取れます。

 

ですが、ボルトが画像の右下のボルトです。
トルクスみたいですが、違います。
見えますかね?
ヘキサゴン(6角)で、廻すと凄いトルクで締め上げてあるせいか、
ちょっとなめちゃいそう!
でも無理して1本取りました。とったボルトを1本もって、ホームセンターに向かいました。
ジョイフルエーケー、
プロの道具が何でもそろうという評判のお店。
ハンドツールもたくさんあるのを知ってましたので、
売り場に行って、ボルトを見せてこれに会うのを欲しいと言うと、
売り場のマネージャーさんが出てきて、
「あっ、これ、盗難防止用のボルトなんですよ。車の部品ですか? なら、ディーラーさんに行かないとダメですね〜」
と、私は何でも知っているという態度で、講釈たれてくれましたので
ちょっと遠いけど、結局自動車工具の専門店に行きました。
で、結局 「3重4角ビットレンチ」というのを買いました。
正方形を同心円上に3つ角度違いで配置すると、12角になります。
それを雌で使っているわけでした。
こんなことは、ネットですぐにわかりましたけど、
売り場の担当があれじゃあ、買う気もなくなり、遠くの専門店に行ったという次第。
画像左上が、購入した 「3重4角ビットレンチ」

 

革シートにはコネクター4つあります。

黄色 
赤色 
緑色
黒色

シートを外してわかったのは、

車体側には3つしかコネクターありませんでした。
え〜っ!!
上は、助手席側。下が運転席側。
たぶん、シートを動かすための電力、シートヒーター とか、
各種SWから車体側リレーへの配線、そんなところがないような気がします。
とすると、リレーとか、作るか調達するか、、、、
もしくは、表皮部分を布をはがして、革を被せるようにするか、、、
ちょっと思案です。

<リアシートの交換作業>

 

難題は後回し、さきにリアシートからはじめます。
ホントに、アバントのシートがセダンに適合するのか??

というわけで、まずはリアシート(座面:おしり部分)の外し方は、
座面シートクッションの前側をただ引っ張り上げるだけ。
座面前側に2カ所、樹脂パーツで位置決めしていますが、引っ張ると抜けます。
画像ありません。

背もたれ部分シートバックは、
トランク側から、分割シート中間部分にトルクスボルトがあり、
それをたった1本外すと、取れるという簡単さです。

 

まずシート後ろ側(裏:トランク側)より、
分割部分の下の方にある、樹脂製のカバーを引っ張り上げます。


一度外すと、構造がわかり、外し方もわかるのですが、、、、
この樹脂カバーは、上に持ち上げ引っ張ると、浮き上がります。
それを前後にゆすると、カバーがはずれます。
両側のシートクッションに押されていますから、見にくいし、指も入りにくいですが、
「引っ張り上げて、前後にゆする」ようにすると、簡単にはずれます。
はずした樹脂製のカバー。
カバーをとると、ボルトが見えますので、それをはずします。
このボルトを外すと、シートはずしは、終わったようなものです。
トルクスT27だったかな?
このボルトを外すと、
シートの回転軸を固定しているパーツを、分解することができるようになります。
このパーツは金属製で、さきほど外した樹脂パーツと似たような大きさ、
それをまたも、「引っ張り上げて、前後にゆする」ようにすると、
ヒンジをとめていた金属製のカバーがはずれます。

そうすると、シートはフリーになっています。
中央を上に数センチ持ち上げ、外側に傾けるようにすると、
シート背面部分全体がはずれます。

画像では、シートから出ている黄色っぽくペイントされた突起物が、
下にあるヒンジ部分に、のっかっているのがわかりますね。
このまま、シートを持ち上げると、ヒンジからシートが外れるわけです。
シート反対側(外側)は、考えなくても大丈夫。

シートの外側のヒンジは、ボディ側にから出ている鉄の棒に刺さっているだけです。
ですから、ひっぱれば抜けます(はずれます)。
構造がわかれば、あとは簡単、
もう一方のシートも外しましょう。

ですが、もう一方のシートには、
後部中央座席用のシートベルトが内蔵され、
それの一端がボディに固定されています。
でも、6角ボルトで固定されているだけですから、それを外せばシート外しは完了です。

シートを付けるときは、外し方の逆。

ボディ側の棒のような突起にシートの穴を遭わせて差し込みます。

付けるときは、外すときよりも構造がわかってますから、
力の方向が分かり易いので
簡単にできるとおもいます。

カバーを外したヒンジ部分にシートの突起をあわせます。

要領がわかれば、10分ほどで付け替えできます。
後かたづけとかを考えても1時間あれば余裕です。

ガイド部分に金属カバーを取り付け、
トルクスボルトを閉めて、樹脂カバーを付けると完成です。

画像ではシート片方しかついてませんが、本当は両方付けてから上記を行いますので
もっと視野はせばめられます。
それと、シートベルトも付け直さなければいけません。

最後にシート座面を所定の位置にのせると完了です。
シート両横の黒いファブリックが残っていますが、エアバッグの部分です。
皮革内装のエアバッグも入手しましたが、
もし付け替えて、きちんと作動しなかったとか、
付け替え作業中に暴発したりとか、
なんか怖いことになりそうなので、ファブリックのまま残しました。
デザインも機能にも、まったく問題ありません。

で、元にもどって前シート。
フロントの座席を、とりあえず付けてみましたが、きちんと会います!
というわけで、シートフレームに関しては
電動シートと同じサイズであろうかとおもわれます。
ただし、手動が20キロくらい。電動だと30キロくらいあるんじゃないかな?
こんな重いモノ、狭いドアから運び入れるんですから、むちゃくちゃ大変でした。
電動も手動もどちらのシートも、デザイン的に同じようなものですから、
たぶん、表皮の材質の違いこそあれ、
革の部分だけ剥ぎ取って、布シートの骨組みに被せてしまえば
たぶんオーケーだと思われます。
電動できるようにしたって、どうせ運転手はひとり、家内だけ。
ですから、あまりシートポジションを変えることもないので、
今まで通り手動で、シートポジションを変えればいいのでは?
で、本当に革の剥ぎ換えがうまくいくのか?
革シートから、革カバー部分を剥ぎ取るとき、
分解に際し、整備マニュアルなどを持っていません。
一番恐ろしいのはエアバッグ!
これの暴発には気を付けないと、、、!

ここまでで大発見なのが、
セダンもアバントも、前後とも同じシートだということ。


ヤフオクなどで、アウディ専用シートカバーとして、
けっこうデザインが良く、適合性も良好そうな、本革製などのシートカバーが販売されています。
ですが、適合車種をみると、:アウディ A4 アバント
セダンでは会わないのか問い合わせても、適合しないだろうとのこと。
でもこれからはダイジョウブ!
ホントに合わないかもしれないけれど、たぶんちゃんと適合するはずです。
ついでに言えば、A6なんかも同じシートみたいです。
もし適合しなくても文句は禁物、自己責任で願います。
 
 
>> 続きます >>

 

SなAudiたち。に戻る

Tipsメニューに戻る